週刊少年チャンピオンの感想(12月3日発売 1号)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに再開!聖闘士星矢 ND!

4057秋田書店公式サイトへ

獅子座 VS フェニックスの一輝!<聖闘士星矢 冥王神話 ND>

dsc_0833.jpg待ちに待った、連載再開!「聖闘士星矢 冥王神話 NEXT DIMENSION」

今号では、過去の世界にタイムスリップした鳳凰座の一輝と、獅子座の黄金聖闘士であるカイザーが激しい一騎打ちを繰り広げる。

両者、出し惜しむことなく、お馴染みの技である「ライトニングプラズマ」や「鳳翼天翔」を繰り出す。dsc_0832.jpg

見開きで繰り出される技は圧巻で、往年の聖闘士星矢ファンならずとも興奮必至であろう。

(それにしても、蟹座のポジションよ…。)

dsc_0834.jpg

唸れスマッシュ!魔法使い VS ボクサー<少年ラケット>

wpid-dsc_0770.jpgあああああ!最高に熱い!!少年ラケット!!!

(いきなり興奮状態で申し訳ありません…。)

公式戦ではないが、イチローにとって初の試合。相手もくせ者揃い。

現段階で、中学最強と思われる宮原を手こずらせた相手、〝魔法使いかぶれ〟のハリー。

驚異的なサーブの技術と、何ともいえないマイペースさで、轟木を翻弄する。

しかし、轟木もタダ者ではない!!

かつて、天才ボクシング少年と謳われただけに、そのポテンシャルは計り知れない。

wpid-dsc_0771.jpgハリーに対して轟木は一言

「魔法なんてねーんだよ」

その言葉通り、轟木はハリーが繰り出す魔法のサーブを圧倒的スピードで打ち破る。

wpid-dsc_0772.jpg

「オメーは 俺を見とけよ」

その言葉通り、イチローに先輩としての威厳を見せつけた轟木。

そりゃあ、こんな展開、燃えるに決まってるでしょ!!

不可能を可能に変える革命の闘士、田中一郎!<囚人リク>

wpid-dsc_0768.jpg今や、少年たちの保護者の様な存在となりつつある、元弁護士の田中一郎。

このところ、厳重なセキュリティに為す術なく頭を抱える日々が続いていたが、ついに光明を見出した。

この時の田中は、鬼道院の悪事を暴くべく結成されたレジスタンス組織のリーダーの顔を覗かせる。

wpid-dsc_0769.jpg

(というか、なんで裸!?)

希望が見え、命の選別の日が迫ることへの恐怖から解放されたリクたち。

みな、興奮に身を震わせ喜び、安堵する。

しかし、天野だけは違った。

その変化に気付いたように見えるレノマだが…。

鬼才の描く読み切り<死にたくなるしょうもない日々が(略)>

wpid-dsc_0766.jpg「死にたくなる しょうもない日々が 死にたくなるくらいしょうもなくて 死ぬほど 死にたくない日々」

おぉい!!タイトルがくそ長ぇ!

WEBコミックである「Champion タップ!」にて連載中の同作品が、読み切りとして週チャンに出張掲載。

阿部共実は、週刊少年チャンピオンで連載していた「空が灰色だから」など、その独特の作風から、一部で熱狂的なファンがいる鬼才である。

割とカジュアルなタッチの画風とは裏腹に、後味の悪いなんともいえないストーリーを描いたかと思えば、最初から最後までほのぼのとしたストーリーを描いたり、展開が全く掴めない。

そのことから、「今回はどっちだ…。ほのぼのエンドか、胸糞エンドか…。ああ怖い…。」とハラハラさせられることがあるのだ。

時折、圧倒的なホラー感のあるストーリーを混ぜてくるから、さらに悪質だ。

だが、そこに中毒性がある。

その上、どのパターンのストーリーであっても、画風とキャラクターに魅力があって、独特の世界観に引き込まれる。

今回は、そんな阿部作品の中でもほのぼのとした展開となっている。

アルバイトに精を出す大学生の坂本と、やたら先輩風を吹かす佐々木の二人が織りなす、奇妙でもあり微笑ましくもある物語。

この二人は、同作の単行本やChampion タップ!での連載作品にも登場する。

二人の奇妙でおかしい物語を覗いてみよう!

http://tap.akitashoten.co.jp/comics/sinihibi

え?え?えぇーーーーーーー??????<刃牙道>


wpid-dsc_0777.jpg

こんなもん、完全にギャグ漫画やんけ!!!

今号の一言感想

wpid-dsc_0779.jpg wpid-dsc_0780.jpg wpid-dsc_0778.jpg wpid-dsc_0774.jpg wpid-dsc_0776.jpg wpid-dsc_0775.jpg dsc_0831.jpg dsc_0830.jpg

  • 刃牙道:どこまで続くの、本部無双。
  • ハリガネサービス:露悪的だったけど、雨竜監督、やっぱりめっちゃ良い人だった…(感動)
  • 弱虫ペダル:あー、文学少年のころの岸神はあれだ、ギャップ萌えというやつだ。
  • 毎度!浦安鉄筋家族:静香は相変わらずナチュラルに毒舌。和江ブチ切れ。
  • 鮫島:最後の十五日:蒼希狼、暗黒面に落ちた…。
  • 吸血鬼すぐ死ぬ:第一話に出てきた少年がまさかの再登場。
  • 少年ラケット:ハリーは三年生に見えない…。
  • 実は私は:紅本先生、婚活力が高まると校長以上に悪魔に…。
  • 囚人リク:説明を解ったフリをしてる史郎が可愛い(笑)
  • AIの遺伝子:ヒューマノイドも人と同じように暮らし、同じように多様性が認められる世界。俗世を離れ、人魚として暮らすなんてロマンチック。
  • 錻力のアーチスト:清作の好プレーで蔡理に勝った桐湘。ついに港南との決勝へ!!
  • Gメン:普段はリーゼントの八神。バイトの時は見た目もキャラも別人…。
  • BADBROS:兄との再会で感動ムードから、一気に絶望へ。でも、面白くなってきた。
  • ニコべん!:来たよ!きたきた!ニコ弁作りが部活動に!これぞ王道の展開!
  • マジカロマジカル:無敵だと思ってた魔女が生身になった。形勢逆転なるか!?
  • スメラギドレッサーズ:二つの人格の凶悪な人格が本体というビックリ展開。
  • 兄妹:今号ではお兄ちゃんの活躍、特に無し
  • 侵略!イカ娘:特に感想無し
  • ドカベン ドリームトーナメント編:読んでいません
  • 木曜日のフルット:相変わらずフルットは可愛い

今号の総括

今号とかいいながら、発売日先々週なんです!!

ずっと更新したかったんですけど、他に記事に時間がかかってて、こっちを疎かにしてしまいました…。

ただ、ペースは上がってきてます。

前よりも手際がよくなってきたと感じてますし、実際に執筆時間も短くなってます…。

次こそは…。次こそは読んだらすぐに書き上げたい!!

って、総括の部分、愚痴と言い訳しかしてないですよね…(汗)


掲載された記事への、ご意見、ご感想、ご指摘、お問い合わせなど、お気軽にご連絡くださいませ。
こちらまで
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク